コラム

二重幅が狭くても落ち込まない!目ヂカラUPのコツ

まぶたに悩んでいる人、たくさんいますよね。

まぶたの悩みというと一重や奥二重が注目されがちですが、二重の中でもその幅についてコンプレックスを持っている人はたくさんいると思います。
しかしそれを口に出そうものなら一重・奥二重のひとに「二重なだけいいじゃない!」と一蹴されたり….。

 

そこで今回は二重の幅が狭くても目ヂカラをぐんとUPさせるコツを紹介したいと思います!

 

 

b_simple_102_0S

 

 

コツ1 二重幅にオレンジをON!

1

 

 

明るい暖色には膨張効果があり、その範囲が膨らんで(大きく)見えます!
中でもオレンジ色は肌なじみがよく、自然に二重幅を広く見せることができます。

 

step1:ベージュ・薄いブラウンなどのアイシャドウをアイホール全体に塗る。
step2:二重幅に沿ってオレンジ色をON。(ほんの少しはみ出るくらい)

 

 

たったこれだけです….!
肌に馴染むカラーで “もともと幅広二重” な印象を与えます。

 

 

b_simple_102_0S

 

 

コツ2 まぶたの中心に輝きをON!

 

c

 

実は明るい暖色と同様にラメなどの光を反射するものにも膨張効果があります。
こちらも明るい色にすると効果は倍増ですね。

 

step1:(ラメにカラーがない場合)アイホール全体にアイシャドウを塗る。
step2:黒目の上あたりにラメをON。

 

ラメは細かいほうが肌馴染みがよく、初心者さんでも使いやすいです!
ラメが大きいと膨張効果というよりはメイクのアクセントになるので自分のなりたい顔を意識して選びましょう。

 

 

 

b_simple_102_0S

 

 

コツ3 二重の幅をつぶさない

 

幅を強調するのと目自体を強調するのは根本的に違います。
目を強調する太いアイラインや濃い色のアイシャドウは二重幅を狭く見せています。

f5

 

アイラインを引く場合はまつげの生え際の隙間を埋める程度か、生え際の上のラインをアイライナーの毛先の細いところを使って一本引く程度にしましょう。
目のラインのまま目尻を少し長めにかくことで幅を強調できます。

 

 

b_simple_102_0S

 

 

いかがでしたか?
普段のメイクでも少し意識するだけで二重幅が広く見えるようになります!
今ある幅を活かして自分の憧れに少しでも近づくことができるとうれしいですよね♪

ぜひ明日からすぐに試してみてくださいね!

 

関連記事

  1. [Food]冬の美容を手助けするすごい柚子のお話
  2. [成分解説]化粧品に含まれる美容成分を解説します-Part5
  3. メイク前のひと手間。透明感アップの秘訣教えます!
  4. オーガニックコスメと上手に付き合いたい!
  5. コントロールカラー選びのキホン
  6. [成分解説]化粧品に含まれる美容成分を解説します-part3
  7. 習慣から始めるエイジングケア
  8. [成分解説]化粧品に含まれる美容成分を解説します-part1

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

おすすめ記事

その方法間違っているかも!意外と知らない正しいリップケア 二重幅が狭くても落ち込まない!目ヂカラUPのコツ 秋冬の長い夜を美容に活かすDAYLY CARE

最新記事

  1. 二重幅が狭くても落ち込まない!目ヂカラUPのコツ
  2. [ITEM評価]shiro がごめ昆布クレンジングミルク
  3. クレンジング中に起こりうる6つの間違い
  4. [ITEM評価]ビーグレン スマートプロテクション
  5. [ITEM評価]ナチュラルエレメンツ バランシングセラムC
PAGE TOP